今年のジャイアンツに思うこと

例年と進行が異なる今年のペナントレースですが、セリーグは首位争いが行われぬままシーズンが終わりそうです。ジャイアンツファンの皆様、優勝おめでとうございます。

今年はシーズンの進行がオープン戦の段階から例年と違う日程になってしまったことで、体は衰えても経験でカバーしてきたベテラン勢は自身の調整を思うようにできず、精彩を欠いた格好となりました。

となると実績のあるベテラン選手の比率が高いジャイアンツが不利になりそうなものですが、まるで全てを見越していたかのようにジャイアンツの首脳陣やフロントがシーズン中に次々と積極的な対策を打ってでたのは、何ともお見事でした。

まずはシーズン途中に3件のトレードを敢行したこと(1件は放出のみなのでカウントせず)。日本はそもそもトレードに消極的ですし、ましてシーズン途中に複数も動いたのは大変驚かされました。さらに、少し結果が出てないくらいのベテラン選手でもあっさりと二軍に落とし、実績に乏しくても二軍で結果を出してる若手選手を次々と起用することで、ベテラン勢に頼らないチーム構成にするとともに選手間の競争意識を格段に高めました。

時折、試合を観戦しながら、例年以上にジャイアンツの選手(特に若手)は「結果を出そう」という気持ちの強さを感じることがありました。なので今年は特にジャイアンツとの対戦で勝てる気がしなかったです。こういった空気感を醸すのはとても大事なことだと思います。

ということで、今年のジャイアンツの優勝は成すべくして成されたという話でした。優勝おめでとうございます。






AME