試合数が減るプロ野球について思うこと

今年の日本プロ野球は、1シーズン120試合で行われる予定とのこと。
毎年130-140試合行われるため少なく感じますが、よくよく考えてみると順位を決めるのに100試合以上行われる勝負事って中々見当たらないですね。

私は記録好きなのでホームラン王が30本に届かないとか最多勝が二桁いかないとか気にしてしまうのですが、順位を決める1試合の重みという点では今年は見応えがあるのかもしれません。

オールスター、交流戦、クライマックスシリーズなども行われなさそうなので、今年はところどころの節目もないまま感染に気を付けて遅れを取り戻すべく淡々と試合を消化する独特な空気感が醸成されるのでしょう。まあそれでも開催されないよりマシと思って、来る開幕日を楽しみにしたいと思います。






AME