国際試合に思うこと

プレミア12、日本優勝おめでとうございます。アメリカ戦以外全勝とは実に素晴らしいですね。

感想ですか?特にないですよ。だって観てないですから。これまでも国際試合への興味は薄い方ではありますが、今回は特に召集前の辞退ラッシュで完全に興ざめしてしまいました。

日本の野球は一体いつになったら他の競技のように、プロ選手の誰もが憧れる自国代表、となる日がくるのでしょうね?

現状、メジャーと日本プロ野球の選手にとって自国代表になることが人生の輝かしいステータスになってないですよね。なんなら「シーズンオフによくやるよね」とか「罰ゲーム」という空気感です。そりゃそうですよ。選手にとってはアメリカや日本のリーグで結果を出すのが一番お金になるのですから。

来年はオリンピック、その次の年には野球版ワールドカップであるWBCと立て続けに最高峰の国際試合が開催されます。もちろんある程度は盛り上がるとは思いますが、極端な話、代表になれなくて悔しがる選手が生まれるまでにならないと、サッカーや先日のラクビーみたいな感動を呼ぶ戦いにはならない気がします。

将来、世界の野球界全体が「人生賭けて」国際試合に挑む日が来ることを期待してます。






AME