Androidの憂鬱



仕事柄かゲーム関連の質問をされることがよくあります。

「なんでも知ってるでしょ?」

いやいや、さすがに内容に関してはやってないゲームはわからないので・・・


「なんか動作が不安定なんだけどどうにかならない?
最近買った端末なんだけど、前使ってた端末はちゃんと動いてた!」

どれどれと見せてもらうと、Android端末のスペックが足りてない模様。
機種変更したら実はスペックが下がってたというのは良く聞く話です。


iPhone端末だと新しい=スペックが高いという法則がほぼ成り立つますが、
Android端末は「ハイ」「ミドル」「エントリー」と言われているように 幅広いスペックで販売されているため、数年前の「ハイ」モデルが 最新の「エントリー」モデルよりもスペックが高いなんてことはざら。

精通していない人にとっては、なかなか難しい問題かなと思います。
なので億劫な私としては「ゲームやるならiPhoneのほうがよくね?」といって誤魔化します(笑)


開発側もAndroid端末問題は厄介。AndroidOSもバージョン違いはもちろんの事
中身は各社でカスタマイズされているし、チップセットも違う。
新製品発表サイクルも早いしSIMフリー端末もある、
先述のスペック違いなど環境のバリエーションはそれは膨大に。頭痛くもなりますよ。


やっぱり一番いいのはいわゆる据え置き機。ユーザー環境は基本的にみんな同じだし、
開発側としてもその環境のみに特化したゲームも作れたりといいんですけどね。


ちびまる