順位予想に思うこと

この時期、野球ファンなら必ず話題になるのが今シーズンの順位予想。
別に馬券を当てる感覚でガチ予想するわけではないけど、どうせ予想するなら当てたいと思うのが人情ってもんです。

ただ、予想前に大方の情報が揃ってる競馬と違って、野球は半年ものシーズン中に選手の怪我とか急成長する選手が出てきたり途中入団する外国人選手もいるわけで、仮に順位予想が的中したとしても予想時に分析した通りに選手が活躍して順位が当たるパターンは限りなく少ないと思うんです。

だいたい馬券さえロクに当らんのに、6頭立ての2つのレースを六連単で当てられるわけないですよ。
ここまで書けばわかってもらえますよね。はい。なので順位予想はしません。

そもそも今年も予想しづらいですよ。中日は地味に打力が強いし、阪神は補強でさらに投手力が増してるので両チームとも言うほど弱いとは思えません。オリックスだってネームバリューが乏しいだけで有望な若手が結果出してるし、楽天は金で大型補強できてるし、ロッテはスタジアム改修で長年苦しんだ長打不足解消に光が見えてます。

昔は自信もって大洋がBクラスと予想できるくらいチームの戦力差がありましたが、ここ最近は特に戦力差が大きく開いてないと思ってます。確かに、この数年ソフトバンクや広島の成績が安定して良いですが、その要因は実は戦力差ではなく強いチームイメージに引っ張られて対戦相手が勝手にメンタルで負けてるだけかもしれないですよ。

メジャー流の極端な守備シフト導入も各チームで差があり、これまで以上に単なる選手能力だけではチームの強さが測れない時代です。
昨年だって下馬評の低かったヤクルトが2位でしたし、まわりの評価はアテになりませんよね。
なので、順位予想は気にせず、好きな球団の優勝を信じて応援していきましょう。






AME