野球を見るのが「息苦しい」

ども。AMEです。
好きなアーケードゲームは「ニューマンアスレチックス」です。
まあ超人オリンピックです。BGMやジングルもおすすめ。

さて、毎度の野球ネタですが、
ベイスターズに2年前ラミレス監督が就任して最初に思ったことは、
胴上げする時にデカすぎて選手が手首ケガしてしまうから優勝しない方がいいかも、でした。

昨年、今年と、ひたすらガマンの采配で
チームを5割前後に導いている彼の手腕は、やはり評価すべきだと思います。
特にスポーツの監督は結果が全てな世界なので。

ただ、結果を残していても、なんとも言いようがない不満があるんですよね。
試合見てて、なんでこんなに鬱積がたまるんか、と。

昔、落合監督が黄金時代を築いたときも、
よく周りから「つまらない」と言われてたのを思い出します。
その当時は、我がチームは完全な暗黒期だったので、
勝ってるのに文句言うな、と思ってましたが。

で、今になって当時の中日ファンの気持ちがわかるというか、
必ずしも勝てばいい、ってわけではないことが少しだけわかってきました。

春頃にも書いた通りで、とにかく今年は試合を見ていて息苦しいのです。
なんなら大昔にも「見るのがツラい」と書いてますが、
今年は「ツラい」ではなく「息苦しい」のです。

当時は、未来につながらない選手起用が「ツラい」と思ってましたが、
今は、本来のスペックを超えてガンバる選手たちの何とも言えぬ悲壮感が「息苦しい」。
なかなか上手く説明できないのですが、これ伝わりますでしょうか?

そういや、まだ大洋だった頃は弱かったけど、
選手がノビノビとプレイしてたような気がします。
なので、私が慣れてないだけかもしれません。そう考えると巨人ファンてスゴイな。

監督に対し、ここが悪い、と明確に指摘できる要素がないので、
余計にストレスがたまってしまうのですが、それでも残りわずかとなった、
この「息苦しい」シーズンの末路を見届けたいと思います。






AME