見ざる聞かざる言わざる


見ざる聞かざる言わざるとは、とかく人間は自分にとって都合の悪いことや相手の欠点を、
見たり聞いたり言ったりしがちだが、それらはしないほうがよいという戒め。
(「故事ことわざ辞典」より引用)

なるほどなと思うわけではあるが、
プログラミングにおいて都合の悪いことといえば「バグ」である。

バグはあるものだというスタンスでよく見る。
バグ報告は自分の管轄外と思わずよく聞く。
自他問わずバグがあれば隠さず言う。

これらの積み重ねがより良い製品につながると思いますね。

「バグ」に関しては「見ろ聞け言え!」 


ちびまる