CUPNOODLES MUSEUM

こんにちは、M.Sです。
みなとみらいのCUPNOODLES MUSEUMに行く機会がございましたので、 見学してきた各階のエリアの展示物・アトラクション等の簡単な感想を記載します。

●1階 エントランス
  • 階段をあがってふと後ろを振り返ってみると、 白い壁のせいで最初はわかりにくかったのですが、 入口上に巨大な白い「カップヌードル」の展示品がありました。
    調べてみるとこれは、ねぶた(竹,木,針金,紙などで作った大きな人形)だそうです。
    興味があればぜひ見てみてください。


●2階 展示品
  • 「インスタントラーメンヒストリーキューブ」
    →見ればなつかしいと思うものがあると思ったのですが、 最近のパッケージしか見覚えのある物はありませんでした。
     
  • 「百福の研究小屋」
    → 全体的に、とてもリアルに再現されていると思いましたが、 麺を揚げる際に必要な窯の中心で定期的に麺を揚げる演出が再生されていましたが、 こちらは、おせじにも出来が良いとは思えなかったので、必要なかったのではと思いました。
     
  • 「安藤百福ヒストリー」
    → 最初は、時間つぶし程度と考えておりましたが、実際に見てみると、 思わずハッとさせられる事が多くありました。特にカップヌードルの中身の 詳細を知った時が一番ハッとさせられました。
     
  • 「百福シアター」
    → 内容は「安藤百福ヒストリー」で展示されているパノラマ年表の 補足説明のようなものです。「安藤百福ヒストリー」が面白いと思った 人は一度見る事をおすすめします。


●3階エリア
  • 「マイカップヌードルファクトリー」
    → 3階エリアに来た一番の感想は、やはり並んでる人が非常に多いと思ったことです。
    ただ、スタッフの手際は良かったので、待ち時間は意外と少なかったです。
    前宣伝は「オリジナルカップヌードル作りを体験する」という事でしたが、 実際に行ったのは、「カップのデザイン」、「ハンドルを回し、麺にカップをいれる」 「完成品をエアーパッケージにいれる」ぐらいで、後は順番に見学するだけでした。 また、スープはすべて通常商品、トッピングは大体が通常商品の トッピングでしたので、実際は「アレンジカップヌードルを作る工程を見学する」 という内容が一番近いと思いました。


●4階エリア
  • 「NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-」
    → 現地販売限定のメニューだそうなので、「カップヌードルソフトクリーム」をいただきました。
    味の感想は、ほんのり塩味の感じるアイスクリームにカップヌードルのトッピングをのせた 物です。アイスとトッピングを一緒に食べると後味がカップヌードルの味となりました。
    一度食べてみるのも良いと思います。ただ、一度だけで良いなとも思いました。

以上です。
興味があれば、ぜひ見学してみてください。




M.S