酒と後悔

こんにちは、Yoです。

学生の頃、お酒が大好きでした。
今でも好きですが、昔に比べると飲む量も減って落ち着いたな〜と思います。

最近では晩酌に1杯程度。
大人な飲み方を覚えたのでしょうかね。


そんな適度な飲酒を楽しんでいたのですが、たまにはたくさん飲みたいと思う事もあるのです。

先日スパークリングワインを頂いたのですが、旦那さんはあまり飲まないので一人で飲んでしまおう!
とか思ったのが問題だったみたいです。

1本開けた頃はまだ良かったんですよ。
ほろ酔い!良いね!
楽しいね!!!

ココでやめておけば・・・。
その後、焼酎とラムを飲んでいました。
2杯目までは覚えているのですが、その後の記憶がありません。

気付いたら気持ちが悪くなっており、朝までトイレに張り付いておりました。
ダメダメですね。
若い頃はオールをしても翌日の昼には良くなっていたのに、翌日も起き上っていられず・・・。
せっかくの休日を無駄にし、旦那さんとの約束していたお出かけも行けず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。


本当にこんな後悔をしたのは2年ぶりでした。
2・3年に一度後悔をしては適度なお酒との付き合い方をしてきた私ですが、そろそろ学習しろよ私!

こんなお酒との付き合いも、おさらばです。
旦那さん“おこ”なのでしばらく禁酒です。


ここで大切なのは“しばらく禁酒”!
ずっとじゃないんですよ!
旦那さんの優しさを感じます。

タバコは止められたのに、お酒は止められる気がしないですから、本当にありがたい。
これを機に適度なお酒を続けられれば万々歳です。

皆さんもお酒は適度が大切ですよ!






Yo