電子レンジ


いつものように電子レンジに冷凍食品を入れる。

最近の冷凍食品は種類も豊富で、美味しくなっているし
保存もきくので非常にありがたい存在だ。

急にレンジが喋りはじめる。


「今日も冷凍食品ですか?」


余計なお世話だ。


「冷蔵庫の中身を検索中・・・」
「あとキャベツがあれば野菜炒めがつくれますよ♪」


勝手に冷蔵庫の中身を調べるなって。
それに今キャベツ買いに行く暇はないんだよ。
そんなレンジの戯言は無視してボタンを押す。


「分量が多いので10分ほどかかりま〜す」


長すぎだろ。2分でやってくれとボタンを押す。


「分量を減らすか、もう1台レンジを買ってください」


いやいやそれをいうなら5台だろ。
仕方ないので5分に変更する。


「ボタン押しただけでできると思うなよ」


今日のレンジはやけに反抗的だ。ご機嫌斜めのようだ。


「チーン。できあがりました!」


無理をさせたわりには、まずまずの出来栄えですな。
さて、明日の冷食を仕入れてくるか・・・


そう僕は電子レンジ。


ちびまる