サウナ風呂について。

インフルエンザの収束とともに、花粉の到来がやってまいりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

インフルエンザが終わって「やっとマスク外せるわ〜」って思ったら、「そうはさせるか!」と言わんばかりの花粉の襲来。

しかも今年は、去年より大軍団での襲来らしいですからタマッタもんじゃありません。

何ですか、去年の8倍ですか?

濃度が8倍ですよ。

濃度が8倍ってことは、果汁10%のジュースが果汁80%になるのと同じってことですよ。

これは凄いですよ。

本格シーズン突入前のこの時期ですら結構キツイですから、この先どうなることか不安でたまりません。





さて、今回はサウナ風呂について少々語らせていただきます。


年明けくらいから、週に何度か家近くのサウナ風呂へ通うようになったんですよね。
混むと困るので店名は伏せますが、家から徒歩五分の距離。

このサウナ風呂「14種類のお風呂が楽しめます」のようなキャッチコピーだったような気がしますが、【かけ湯】まで1個に含めるのは些かズルい気もしないでも・・・。



このサウナ風呂の存在は以前から知っていたんですが、今まで行ったことが無かったんですよね。

それが何で今通うようになったのかを簡潔に説明すると。

前回のコラムが掲載された週の週末にピーピーピー(とてもコラムに書けない出来事)があって意気消沈して帰る途中に、気分転換にと立ち寄って、広い風呂に入る気持ちよさに病みつきになってしまった・・・というわけで。

今となっては、常にカバンの中に入浴セットを入れて持ち歩いていたりもします。



さて、このサウナ風呂。

スチームサウナ内にTVが設置されているんですが、このTVが意外とクセモノ。

クイズ番組なんかがやっていると、答えが気になって出れないんですよね。

大抵「答えは・・・・CMの後!」とかいうテロップが流れてCMへと突入するので、この時流れたCMに関してはCMは何も悪くないんですけど「はよ終われ」と思ってしまうんです。

答えの前に芸人がギャグなんかを言って答えが遅れると、いくら好きな芸人で、いつもは笑っているようなことでも「つまんないギャグを言うな」となってしまいます。



先日などこんなことがありました。

サウナに入っていると、暫くしてニュース番組がやってきたんですよね。
ニュース番組なら途中でTVが気になって出れないなどということはないので、安心して限界まで入っていられる。

そう思って限界まで入っていて「よし、そろそろ出るか」と立ち上がろうとしたその瞬間。

あろうことかB'zの松本さんがグラミー賞を受賞したニュースが、大好きなB'zの曲とともに流れてきたんですよね。

愛のままに〜から、イチブトゼンブ、ウルトラソウル・・・もう、僕の大好物ですよ。

ご馳走を目の前にして去るなんてことはできない・・・と、終わるまでサウナの中にいたんですけど・・・。

さすがに限界も近い極限の状態。

いくら超一流のシェフの作ったご馳走も満腹の時に食えと言われたら、それは拷問と変る。

延々と続くかのような時間が終わり、サウナを出ようとしたときには、足はフラフラで、ドアを開けようとした手は若干震えているような状態でした。



ということで。

人の好き・嫌いなんていうものは、その人が置かれている状況で変ってしまうものなんですよね。

極限の状態では、今まで好きだったものも苦痛でしかないですし。

その代わり極限の状態だからこそ、ひときわ良いと思えるものもあります。


・・・


フラフラになった後飲むドリンクは妙に旨く感じますネ。




Penguin