カルシウム不足?

これは、僕が正月に実家に帰省したときの話なんですけど。
いつも実家と横浜を行き来するのに新幹線をつかうんですけど、帰省した日が12月の30日。
ちょうど帰省ラッシュのピークでめちゃくちゃ混んでたんですね。

僕は、実家の最寄駅まで2時間くらい立ちっぱなしは嫌だなぁ、と事前に指定席を確保していたので余裕で座れたんですけど。

ああいうときって、何となくですけど「どや」的な感じがしません?「どや、俺には指定席があんねんぞ」みたいな感じが。
指定席車両の乗り口にいる周りの人も全員指定券持ってるのは分かってるんですけど、何かそんな感じがするんですよ。

贅沢にグリーン車の切符を取ったりしたときもそうですよ。
ちょっとゆっくりめに歩いてしまうことないですか?
そういう状態になったら、新幹線を待っているときでもウォークマンで音楽なんて聞きませんよ。
売店で駅弁を買って、弁当の中身が偏らないように気を使ってビニール袋を調整するなんてありえません。
普通車の入り口で列を成す乗客を眺めながら、缶コーヒーを飲むんですよ。
そして新幹線が到着するとおもむろに缶をゴミ箱に投げ入れ、バッっとコートをひるがえしてコツーンコツーンと足音を立てながらグリーン車の入り口へ。


あの〜・・・、ちょっと自分でも何書いてのか分からなくなってきたので、この辺で止めておきます。
自分で書いておいて言うのもなんですが、そういう状態って何なんでしょうかね。



まぁ、本題はここからなんですけど。
最近カルシウムが足りないのか、よく腹立つんですよ。
そもそもカルシウムの問題なのかは分かりませんが。

ついこの間のことですよ、ほとんど人がいないガラガラのマクドでチキンフィレオセットを食べて食後のコーヒーを飲んでいたときの話です。
ビーパルを読みながら、お腹も一杯で至福のひと時を過ごしていたんです。

そしたらおっさんが、来たんですね。
もうこのフロアに自分以外に2・3人くらいしかいない、ガラガラのマクドですよ。
ソファーの席でも椅子の席でもどこでも空いてますよ。

ちょっと自分の目を疑いましたけど。
おっさん、僕の目の前の席に座ったんですよ!
何でこのガラガラの店の中で、見知らぬおっさんと対面で座らないといけないんですか!
他人からしたら、特殊な関係にしか見えないですよ、これ!

もう何なんでしょうね、すぐ脱出しましたけど。


こんなこともあったんですよ。

ドンキのインテリアコーナーっぽいところで、モノトーンマットっていうのが売ってたんですね。
9枚組みで縦横30cmくらいの大きさで白と黒の2種類があるんです。
それをパズルみたいに自由に組み合わせて床に敷けるみたいなマットなんですよ。

「あ、これはいいな」と買ってみたんですけど、結構嵩張るんで会社の帰りにドンキに寄って9枚組みのマット1個を買って帰るみたいなローテーションで集めていったんです。
2週間くらい経ったら、大体部屋の7割くらいがモノトーンマットで埋め尽くされて、後少しで部屋を覆い尽くせるくらいになったんですね。

それで、ある日ですよ。
今日は白色のマットを買って帰ろうとドンキのインテリアコーナーにいったら、そのマットが跡形も無く無くなってるんですよ!
結局探しても見つからず、僕の部屋は中途半端にマットで埋められたまま。

その後何度か行ってみたんですけど、何か「最初からそんなものありませんでしたよ」的な感じになってて半ば諦め気味。
仕方ないので、今度インターネットで調べてみますかね。

見つかるといいなぁー。




Penguin