入り口はかなり広くなってきてるよね

プログラミングをする為のハードルって年々下がって来ていると思う訳ですよ(急。

◆PC環境
 ・ちょっと前
そもそもパソコンを触れる環境自体を確保する事が大変で、その上初めてパソコンに触るのにCUI環境オンリーで、さらにネットとかあんまりなくて、勉強の為の情報源も無かったわけです。
 ・
家庭に1台はPCがあり、ネットとか当たり前で情報を探すのとか超簡単。
 
◆プログラム開発環境
 ・ちょっと前
有料でCとかBASICとかのコンパイラ買って、書籍の見よう見真似で「printf("Hello C World!!");」とか打って、コマンドラインに文字が表示されるだけで、一喜一憂。
 ・
無料の開発環境&コンパイラもたくさん有るし、ネット探せばプログラミング入門的な情報もモリモリ有る。 文字の表示だけでなく、グラフィカルなプログラムをする為のツールもモリモリ。 お手軽に始められるスクリプト言語(javascript,ruby,perl,phpとか)も普及している。

こういう環境を面をみると、プロとアマの開発環境の差はかなり無くなってきているわけです。一見プログラムを書かない仕事っぽい人でも、 何気に書いていたり。 そうなるとプロとアマの差は、プログラミング技術&知識量の差しかないわけです。 だから、がんばんないとなっと。
仕事でやっている分、プログラムをする時間はたっぷりあるのだから。




K.K