巣立った!

 もう梅雨は終わりましたか?これが掲載されるのはもう7月のハズです。
さすがに終わってますよね?となると、暑いのか…
暑いのは嫌ですねぇ。早く秋にならんかな?

 さて、今回は前回予告した通り、『巣立った!』になりました。
「は?何の話?」って方は、フラワの前回のコラム『鳥の巣』を参照して下さい。

 で、本編。
我が家の雨戸に住み着いた鳥ですが、ちゃんと巣立って行きました!
思っていた以上に早く、前回のコラムを書いてから2週間ぐらいしたらもういなくなっていました。
いやぁ〜、ちょっと寂しいですね。

 育つのはホントにあっという間だった気がします。
次第に鳴く声が大きくなり、人の気配を感じると途端に鳴き止んで静かになったり、覗いて見るとサイズも大きくなって、巣の出入口まで歩いて来たり(見ようとすると奥に引っ込む)。
かわいかったですよ♪

 と、実はそんな事を言ってられるもんではなかったんですよ!
糞の被害がひどいひどい…。
巣の周辺のひさしが糞だらけ、それだけでなく、自転車や洗濯物にも被害がおよびました。
「やっと行ったか…」(母談)
 そして、巣の掃除…
掃除は、私が仕事に行っている間に母が行ったそうですが…
出てきたそうです。 死骸が!
それなりに育っていたそうですが、カピカピに干からびて死んでいたそうです。
んん〜、まぁ自然界のなんたらですね。
その分、他の兄弟たちが元気に生きている事を願っていますよ。

 というわけで、以上が「我が家に出来た鳥の巣」編(今決めた)でした!
でわ、また次回会いましょう!


 フラワ でした