1年の終わり

年末年始が近づいてきました。
プログレスもこれを書いている今日(22日)忘年会。
テロでもなければ、1年ぶりぐらいにボウリング大会が行われる。楽しみだ。

それから、あと1週間ほどで今年の業務も終わりです。
開発なので、年末にきっちり終わる仕事は少ないですが・・・。


さて、せっかくなので今年の1年を振り返ってみます。
グルジア戦争、事故米、そして経済全体が個人的なニュースベスト3です。


グルジア戦争は、内容云々よりも、あまりにも突然だったのが印象的です。
戦争なんて1日ぐらいで始まって終わってしまうのか、自分がニュースに疎いだけなのか・・・。


事故米は、米ですら悪意のある商売が行われていたというもの。
当然、遺憾の意を表明したいニュースです。

でも、嬉しかったのは、こういう事実が明るみになりだしたこと。
インターネットなど、情報技術の進歩の影響もあるのでは。

不正をして儲けている企業と競争するのは簡単ではないし、普通に考えておかしい。
それでも競争は当然のようにある。
いかに悪事を働くか、という競争になっている業界もあるのでは。

だから、まともになるのであれば、悪いニュースばかりでも歓迎したい気持です。
バグがひとつひとつ明らかになって、直していく感覚と似ているかも。

個人的には、バグが目立つようなシステムを作るのが、プログラムでも社会でも有益だと思います。
指摘されると耳が痛いし、恥はかくけど、それで済むなら良いのでは。


そういえば、ゲーム業界は特にインパクトのあるニュースはなかった気がします。
それよりも、経済全体がどうなっていくのか。
ゲーム自体、エンターテイメント自体がどうなっていくのか。

経済の変化は複雑すぎて全然読めないけれど、人口だけは予想ができる。
日本は減っていて、反対に世界の人口は増えている。


経済が派手に動いているおかげで、経済に興味が出てきた一年でした。

今後もダイナミックに変化しそうです。
面白いが色々と大変そうだ。

来年はどんな年になるでしょうか。
てんと