いざ!屋久島へ!

 フラワです! 皆さんお元気ですか?!
8月も終わって、9月が始まりました。
まだまだ、暑い日が続きますね。・・・続いてますよね?
(これを書いた日は、涼しかったのです。)
多くの人は、夏休みが終わったと思います。
「まだまだあるぜぇ〜!」と言う人もいるのでしょうし、(いいなぁ!)
「ん?何それ?おいしいの?」という人もいるでしょう(ドンマイ!きっと貴方以外にも沢山いるはずさ!)。
そんな皆さんは、夏(休み)を振り返えるとどのような思い出がありますか?
私は、旅行に行ってきました!今回はその旅行について話させて頂きます。
 注)長い上に読みづらくなっちまった・・・すま〜ん!(>_<)

 今回の旅行の行き先は、屋久島です。
鹿児島よりちょっと南にある島で、車で3時間ほど走れば一周出来るそうです。それぐらいの大きさの島です。デカイ杉が有名です。後で話します。



 1日目
 朝6:30に起き、電車で羽田空港へ。8:40の鹿児島行きの飛行機に乗ります。1時間40分程で到着。すぐに屋久島行きの飛行機に乗り換え。
30分程で屋久島へ到着。この時11:00ぐらいでした。
レンタカーを借りて(自由に移動するなら必須です!)明日のために登山届けをします。それから、お昼。
お昼は、黒ラーメンを食べました。麺が黒いです。味はわりと普通。トビウオを揚げたのが一緒に入ってました。美味かったです。

 昼を食べた後は、1日目の目的である「もののけの森」を目指しました。
はい、名前からわかるように例の映画の風景のモデルとなった場所です。
流石というか、何というか、美しかったです。正直、写真だけでは伝わりません。
直接行った人が見れば、思い出せるのでいいのですが・・・
やはり説明を受けるのと、実際に体験するのでは、違うという事ですね♪

もちろん、それしか無いわけではありません。ここにも沢山のデカイ屋久杉があります。かなり簡単な説明ですが、一応。(興味があれば御検索を!)

    二代大杉 
倒木した木の上から生えています。三代もありました。
    三本槍杉 
一本の木が斜めって、もう一本の木を突き抜けて、さらに途中から別の木が生えてる? わけがわかりません。
    くぐり杉 
根っこのアーチが出来ています。大小いくつかありました。名前の通り、大人でもくぐれます。
    奉行杉  
他の木より数段デカイです。太いです。長いです。

その他にも色々ありました長くなり過ぎるので、割愛。すまん。

その一番奥に(私が行ったルート)太鼓岩という超巨大岩が山から突き出ています。そこから見える風景が、またすごい絶景です。突き出ているので、邪魔するものがありません。そう!柵も無い!そして、丸みがある! まじに、怖かったです。軽く「えい!」ドン!!な〜んて冗談をすれば、
「ああ→あぁ→↓ぁぁ↓ぁ・・・」となります。気を付けましょう♪

風景がきれいな分、もちろん道が険しい。しかもかなり!最早道に在らず!
一応、所々に目印の紐がありますが、まぁ見逃したら迷います。
道じゃなくても、道に見えてきます。(私は2度程間違いそうになりました)
かなり疲れましたがこれは、2日目の予行練習みたいなものです。
ちなみに、5時間程歩きました。

 旅館に着いたら、風呂入って飯食って、次の日の準備をしたら、寝ます。
疲れていた事もあって、すぐに寝れました。


 2日目
 朝5:30に起きます。眠いです。まだ暗いです。朝と昼のお弁当をもらって出発です。途中までは車で行き、それからシャトルバスに乗って奥まで行きます。そこで、朝ご飯です。

 7:00頃に出発。半分ぐらいまでは、トロッコ軌道(もう動いていませ ん)が続いています。枕木で微妙な段差が出来ていて、その上間隔が一定じゃ ないので歩きにくかったです。トロッコ軌道の話は割愛。2時間半ほどでこ の道は終了。
ここから先は、昨日と同様の山道になります。ここから先は雨が降ったり、 止んだりでした。滑りやすくなって危なかったです。

ここの木を簡単に紹介。

    ウィルソン株 
昔に切り倒してしまった巨大杉の株。中から上を見ると、割れ目がハートに見えるそうです。(私は人が多くて見れなかったorz)
    大王杉 
縄文杉が見つかるまでは、こっちが最大の杉って言われていた。
    夫婦杉 
2本の巨木の枝と枝がくっついてる。手を繋いでる様に見える。


例によって、長くなるので他は割愛。(興味が出てきたら検索だ!)

 そして、やっとこさ縄文杉に到着!山道に入って2時間程です。
縄文杉は、目の前までは行けず、展望デッキ(15〜20メートルぐらい離 れてるのかな)から眺める事になります。
実際に縄文杉を見ると、これはデカイ!まじでデカイ!自分の想像をはるか に超えていました。今までの杉も十分な大きさでしたが、これはもうレベル が違います。枝が普通の杉ぐらいの太さがあります。圧巻ですね!
「山道なんて余裕じゃぁ〜」という方には是非にお勧めです!
混んでいますので、20分ぐらいしか見れませんでした。

 お昼を食べていると、匂いに釣られたのか屋久鹿がずいぶん近くまで寄っ て来ました。流石に触れませんでした。残念・・・
そして、帰り道・・・長いです・・・orz
同じぐらいの時間をかけて、戻ってきました。あ、脚が・・・膝がぁ・・・
流石に疲れました。

シャトルバスの発着場まで戻った時に時間が少しあったので、近くにあった 屋久杉自然館へ行く事にしました。そこでは、数年前に折れてしまった縄文 杉の枝や、縄文杉の実際の大きさが床に描かれていました。
いやぁ〜、大きさを改めて思い知らされました。








    縄文杉の
    下の方


    __自_____






      大体これぐらいの比率かな

      自=自分 一般の大人です
       文字の大きさがそのまま
       人の大きさと思えばOK
      デカイですねぇ〜



 3日目 色々割愛。

    千尋(せんぴろ)の滝 
数百メートル離れていましたが、それでもしっかりと 見え、滝の音もはっきり聞こえました。
    大川(おおこ)の滝  
こっちは目の前まで、行けます。雨が降ったせいも あって、水の量がすごかったです。バンバン濡れました。
    屋久猿 
島の西側の山の道路にめちゃめちゃいました。道路の上で普通に毛繕 いをしています。車が来てもなかなかどきません。
    海 
海がめの産卵地のようです。産卵は終わっていて、孵化する頃だったそう です。朝じゃないと、ほぼ見れないそうです。見たかった・・・

その他、お土産などの巡り。
 帰りも行きと同じように、飛行機、飛行機、電車で帰って来ました。


見れなかった杉もいくつかあります。弥生杉とか、紀元杉とか・・・
とっても大変でしたが、機会があればもう一度行きたいです。


自然を堪能した フラワ でした