ゲームの夏

就職して以来、作るほうが楽しくて、ゲームで遊ぶ時間が激減してしまった私ですが、近頃、ゲームプレイ熱が復活しています。
リバイバルブームと言った感じ。

と言うのも、「面白さ」への感覚が鈍ってて、敏感にならんとまずいな…と思って。

例えば、1000億ジンバブエドルの画像見て妄想したんだけど、目の前に札束どーんと置かれて
「これでお前の好きなゲームを作りなさい。優秀な開発部隊もどうぞ。」
なんて言われたら、ちょっと困っちゃうな。

それに見合う作りたいゲームがすぐに出てこない。
ま、実際にはありえないけどね。

よくよく考えてみれば、ゲーム開発者として、これは異常事態だと思うんだけど、気がついたら考え方が、プログラマ>ゲームプログラマになリ過ぎていたみたい。

プログラマ寄りに考えたことで基礎力は向上した。
もちろんそれは良かったのだけど、何でも偏りすぎは良くない。

ゲーム製作センスを磨かねば。

さて、面白いゲームを考えるには、面白いゲームを遊ぶ!
というわけで、さっそくDSの『カードヒーロー』を買いました。
シンプルながら絶妙なゲームバランスが魅力的なゲームだ。
(バランス調整にどれだけ時間をかけているのだろう)
1のダメージをいつどこに与えようか真剣に考えてしまう。

純粋に遊びたいと思ってゲームを買ったのは久しぶりです。
対戦相手が欲しいな。

カードゲームと言うと、社内では『カルドセプト』が定番です。
あれも確かに面白いんだけど、『カードヒーロー』も面白い。

ってことで、
セプターの方々にも『カードヒーロー』を遊んでみてほしいんだけど。


てんと