とあるプログラマの良くある風景

どうも、TADです。
この間、定期が切れそうだったので定期の継続をしたときの話ですが、ふと以前にコンビニで730円くらいの買い物をしたとき、1250円を払ったらバイトと思われる店員に首を傾げられるということがあったのを思い出した。 プログラマーはいつも処理速度と戦っているので、こういうときに最適な支払方法を模索してしまうのは職業病なのかも、とか思って定期代を確認すると7480円でした。
1万円札を投入し2枚の千円札と五百円玉と十円2枚が当然でてくるのを待っていたら、ジャラジャラと機械から音がしてきているではないですか…。
百円玉5枚を含むお釣りを財布にいれながら、機械にはかなわないな、と思った今日この頃です。



TAD