睡眠不足


9月である。旧暦読みは長月。夜長月が語源とも。
夜がだんだん長くなるということらしいが、自分の夜は長くなるどころか短くなる一方である。いや逆か?短くなっているのは睡眠時間だ。

朝に寝て、朝に起きるという生活もそろそろ限界に近づいている。
気持ちはまだまだ若い気でいるが、実際はもうそんなに若くはない。体の反応は正直だ。
最近は寝てるときに足が攣って起きてしまう。んーいい目覚まし時計である(笑)

寝不足といっても、なにかゲームにはまっているわけではない。
それどころかここ半年くらいゲームをしていないような気もする。
発売日に買ったWiiはなんと未開封だ。さらに未開封のソフトも結構ある。
自分がゲームから冷めてしまったのかと思えるほどである。

原因はさまざま、年をとるにつれて、交流も活動の場も広がっていく。
他にあたらしい楽しみの要素も増えていってる。
その中でゲームの立場が自分の中で上位をキープできなくなっている。
これはゲーム制作会社にいる人間にとっては非常事態かもしれない。

ネットワークゲームが増えたのも原因か?
自分はゲームの中でまで人とのコミュニケーションは求めない。
人とのつながりはリアルな世界で十分だ。
対戦型ゲームのようにコンピュータのかわりにネットワーク上の人と対戦するのが唯一許容できる範囲だろうか?

だからといって最近はやりの仮想空間タイプのゲーム(あれはゲームなのか?)を否定する気はさらさらない。多様化したゲームの中で自分に合わないだけと思っているだけだからだ。それでゲーム関連業界が活性化するならば歓迎するまでだ。

というか、単にゲームを始めてはまるのが怖いだけかも・・・


ちびまる