元気玉理論

直接ゲームや仕事とは関係ないですが、

PS3の分散コンピューティングプロジェクトFolding@homeが1ヶ月で25万人以上のPS3ユーザーの登録があり通常1年かかる計算が、数週間で完了したそうです。
 こういう社会貢献的な行為は、ゲーム機の魅力とは直接関係ないですが、良い事だと思います。
 ゲームは、かなり市民権を得てきていますが、少年の凶悪犯罪があると必ずゲームとの関連性を取り沙汰されます。
 まったく関係が無いとは言えませんが、アニメで敵を倒すシーンや、音楽の過激な歌詞が犯罪を助長したと言われる事への頻度と比べるとかなり大きな議論の対象にされてしまっています。
 ゲームが市民権を得たとはいえ、まだ懐疑的な意見も少なくないので、Folding@homeのプロジェクトで、アルツハイマー病、パーキンソン病等の治療に役に立ってゲームへの評価が少しでも良くなれば良いなと、この業界にいる身として思います。

PS3がPS2並に普及すれば1年分の作業が、数週間と言わずに数日で終わるようになる事も非現実的な話ではなくなりそうですし。
後、SETI@home(Search for ExtraTerrestrial Intelligence:地球外知性探査)プロジェクトとかゲーム機が宇宙人を見つけたとかも夢があって面白そう。


K.K