ダーツ

最近ダーツをする機会がちょくちょくあるのだが、ダーツって良く考えるとすごいゲームだ。
なにがすごいか列挙して書くと、
  1. 敷居が低い
    ダーツを遊ぶのに必要なスキルは、「ダーツをボードまで投げられる」の一点だけ
     
  2. ルールの多様性
    • カウントアップ(単純に点数の高い所目掛けてダーツを投げて、その総得点を争う)は、ゲームを始めたばかりの人がすぐにでも遊べるゲーム
    • 01ゲーム(初期点数から、得点を引いていって0点にした人が勝ち)は、命中率が上がってきた頃に楽しめるゲーム
    • クリケット系(ルールはgoogleで検索して!)は、戦略性を楽しめるゲーム

    っと他にも色々なゲームがあるのですが、一人で練習するゲームもあれば、みんなでやった方が楽しいゲームもあるし、上手くなるにつれてできるゲームの幅も大きく広がっていく。
     
  3. 場所、時間、人数を選ばない
    もちろんダーツがある事は前提ですが、1ゲームから気軽にできるし、時間もそれほどとらない。
    ダーツをできない服装だってほとんどない。

近頃の「敷居が高くて、時間をとって、場所、人数を制限される」ゲームとは違い洗練されたものがある。
他の昔からあるスポーツ&ゲームもそうだが、ずっと愛されるのには理由がある。流石14世紀から生き残ったゲームだなーっと。  ただ、道具に関しては色んなメーカーやら種類が出ていてどれを選べば良いか、どんな特徴があるのか、値段の差の違いが分り難いのが残念。マイダーツ欲しいとは思っているのですが、これが原因で買えずにいます。

ここまで書いておいて、僕はへたっぴ&ビギナーなのですが・・・

K.K