イメージと現実

始めまして新入りプログラマーのK.Kです。ゲーム風呂初原稿になります。
新入りらしくゲーム会社に入る前に持ってたプログラマーイメージと現実についてでも書こうかと思います。

  1. プログラマーはみんな煙草吸うと思ってた。
    → 意外にみんな吸わない。プログラマー内では少数派。
  2. スポーツになんか興味ない!!(汗を流す生き物に興味はない!)。
    → サッカー命な人とか、野球好き、プロレス好きなど結構スポーツ好き。
  3. 「アニメプリントのTシャツ」の人がいると思ってた(専門学校にいたので)。
    → そんな人いない。
  4. 甘いコーヒー大好きだと思ってた(自分が甘党なので)。
    → ブラックコーヒーとか飲んでます。
  5. アメリカに行ったらいきなりバスケ上手くなると思ってた、安西先生の大学の教え子よろしく
    プロになったらいきなりプログラマーレベルが上がると思ってた。
    → 特に変わんない。スライム(バグ)倒しして経験値稼ぎ中。
  6. 太ってる人が多いと思ってた。
    → 自分が一番太い位でした(178cm,75kg)。
  7. 1日の開始は、昨日のアニメの話で始まると思ってた(専門学校がそうだった、ついてけなかった)。
    → 全然。スポーツの結果とかの話の方が多い。
とまあまあイメージと違う所がありました。
これ読んでくれてる人もこんなイメージを持ってるんじゃないかなーと勝手に思います(そんな事ない?)。

後、会社が横浜にあるわけですが、三重県から出てきた田舎者なので「横浜は夜中一人で歩くと中国マフィアに襲われる」位のイメージでしたが、意外に何も起きてません。特別からまれたりもしません(地元の方が多い位)。
横浜中華街に2回行けば一回位銃声が聞こえると思ってました(2回行ったが何にも起きません)。

なかなか、イベントフラグが立ちません。ではでは。

K.K