「ここではだね、同じ場所にとどまるだけで、もう必死で走らなきゃいけないんだよ。そしてどっかよそに行くつもりなら、せめてその倍の速さで走らないとね!」
(『鏡の国のアリス』ルイス・キャロル)
 教訓に富んだ言葉だとは思わないか?

 コンピューターの世界では、時間が速く進む。私がC言語を使い始めた頃(約10年前)、メモリーは多くても1〜2MBだった。今は256MBが普通だ。CPUの処理速度も、当時は80386-20MHzで、現在はPentiumIII-800MHzだ。クロックだけ比較して40倍、拡張命令やパイプラインなどの効果を考えると、数百倍の速度になっている。

 このような世界では、落ちこぼれにならないようにするだけでも大変だ。昔は絶対に不可能だったプログラムが、今では普通に動かせるようになる。昔はポリゴンを使った3D-CGに「テクスチャを貼る」ことさえ不可能だったが、今ではテクスチャを貼ることは3Dの基本中の基本になっている。

 10年間で性能が100倍になるということは。
 10年前、時速300kmのマシンを操るF1ドライバーがいたとしよう (M・シューマッハー、M・ハッキネン、D・クルサードあたり)。
 彼が今も現役でいるためには、時速30000km = マッハ24 のマシンで走れなければならない。
 すると、昔は考えられないような問題を乗り越えなければならない。Gによるブラックアウト、遷音速での振動、造波抗力、極音速の摩擦熱など。現実的ではない例えだが。

 落ちこぼれない = 同じ場所にとどまるだけでも、必死で技術を身につけないといけない。
 さらに上を目指すなら、せめてその倍の速さで技術を身につけないといけない。

 でも一日は24時間ある。8時間仕事して、8時間睡眠をとったとしても、あと8時間残っている。倍の速さで走ることは、不可能ではない。
 で、それを実行したアフォが、ここにひとり。

「他に食べる方法を知らんからさ。だから未だに嫁さんももらえん」
(『機動戦士Ζガンダム』)

↑それはロリコンのアニオタだからでは? というツッコミは、なしの方向で(泣)

(丁子)