ゲームで行き詰まることってありますよね。
アイテムが見つけられなくて進めない、謎が解けない、敵が強すぎて倒せない、同じ所をグルグル・・・・あーイライラ。
(以下は自分の身勝手な言い分です)
自分、この原稿を書く前日そうだったんで、悪態つきながら考えたんです。
そんな先に進めないことのある娯楽メディアって珍しいかも、なんて。
TVゲームって、時間当たりのアウトプットデータ量ってかなり少ないんじゃないですかね。(昨日、3時間ぐらい無駄にマップを探索してた)
TV、映画なんて、データの垂れ流しだし、本や雑誌は自分のペースでデータをインプットできます。
すべてが内容の濃い物ではけっしてないですが、平均のアウトプットデータ量を想像すると、どうもTVゲームは分が悪いんじゃないかって思えます。TVゲームって無駄な時間が多いんじゃないですか?
特にRPG。同じマップ歩き回ったり、レベル上げしたり。苦労した分だけ自分のキャラが強くなる(謎が解ける)のは嬉しいんですけど、どうにかしたいですね〜。
とりあえず、RPGでどうにかしてほしい点を箇条書きにしてみましょうか。

・プレイ時間がいたずらに長い(社会人には辛い)
・レベルアップ作業がうざい
・戦闘中に、同じムービーを何度も見る(しかも時間が長い)
・前回どこまで進んだのか覚えていない(謎解きのヒントが前回あったりしたら大変!)
・自由度が高いゲームだと、無駄に動き回る時間もまた増える
・攻略本が無いと難しすぎる

むかし、ゲームボーイで『カエルの為に鐘は鳴る』ってゲームを遊んだ事があるんですけど、これが小気味よいテンポで進むゲームで未だに僕の中では最高のRPGです。小説を読んでいるかのように進むし、潔くサクッと終わるプレイ時間。いたずらにプレイ時間の長いRPGは学んでほしいです。
そろそろ内容がおぼろげになってきたし、もう一度遊んでみようかな〜。

藤井